« 8/11の夜、伝助が登場 | Main | ジプリ解体せず、鈴木プロデューサー »

08/07/2014

食品だけではない、中国の危険

さっきたまたまネットで目にしたのが、「水槽に入れたら金魚が死んだ…中国産猛毒割り箸の恐怖」、週刊大衆の記事です。

<かねてから、中国産の食材は危険視されてきたが、それ以上に危険なのは中国産の割り箸。 上海のレストランで食事をしていた一般客が、割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁ったことから発覚。報告を受けた当局が調査のために割り箸を水槽に入れたら、元気に泳いでいた金魚が、ぷっかり浮かんできた>

<中国産の割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や、見栄えをよくするための漂白剤等が大量に使われている。しかも、ほとんど洗浄されずに出荷されているため、人体に有害な薬品がこびりついたまま>

<日本における割り箸の年間使用量は250億膳。その97%が中国産ということだから、他人事ではない>

<野菜や食肉といった食料品には、輸入時に検査があるが、工業製品である割り箸はフリーパス。日本では、"殺人割り箸"が日常的に使用されている危機的状況と言える>

割りばしの袋に、「中国産」なんて書いてないしなあ。

|

« 8/11の夜、伝助が登場 | Main | ジプリ解体せず、鈴木プロデューサー »