« 記録的豪雨 | Main | こだわりのコーヒーチェーン »

08/04/2014

コーヒーチェーン 店舗数ランキング

8/3のNHK BS1「BIZ+SUNDAY」で紹介していたコーヒーチェーンの店舗数ランキング(日本)です。

1  ドドール:1094店(1980年創業の老舗 、当時150円のブレンドコーヒーは現在220円)
2  スターバックス:1034店(世界最大のコーヒーチェーン、お馴染みのフラペチーノはフラッペとカプチーノを組み合わせた造語)
3  タリーズ: 555店(今年47都道府県すべてに出店達成)
4  コメダ:(名古屋発、モーニングセットが人気)
5  サンマルク: 356店
6  珈琲館: 284店
7  プロント: 211店(夜になるとバーに変わってビールも飲める)

トップのドトールを追い上げているスタバは、世界65ヵ国と地域に約2万店の世界最大のチェーン、高速道路のサービスエリア、慶応大学病院、太宰府天満宮、防衛省にも出店、各地から出店要請が相次いでいるそうです。

おもしろかったのは、こういったコーヒーチェーンとは違う新しいコーヒーチェーンの登場です。興味深い創業者へのインタビューについては別記事で。

|

« 記録的豪雨 | Main | こだわりのコーヒーチェーン »