« きょうから〈古文書からみる大阪講座〉 | Main | 竹田出雲の墓 »

08/21/2014

曽根崎心中 お初の墓

上町台地の偉人巡り、高津宮の東側にある本経寺(ほんきょうじ)で、江戸時代に活躍した浄瑠璃太夫・豊竹若太夫の墓にお参りしたあと、隣の久成寺(くじょうじ)の前を通ると「曽根崎心中 お初墓所」の石柱が・・・。そういえば、近松門左衛門の「曽根崎心中」の主人公はお初と徳兵衛、実話がモデルになっています。
お初は天満屋の遊女で、天満屋が久成寺の檀家だったことからここに墓が建てられました。2002年、お初の300回忌にあたり、住職が再建しました。

なお、久成寺は52年前から、大相撲大阪場所の高砂部屋宿舎になっています。かつては中寺町から下寺町(天王寺区)にかけての多くの寺院が、大阪場所中の宿舎になっていましたが、近年は分散し、現在ではこの久成寺だけ。

レモン2個供えられていた梶井基次郎の墓は、ここから南に100mほどの常国寺の墓地にあります。

Sp1090367


Sp1090368


|

« きょうから〈古文書からみる大阪講座〉 | Main | 竹田出雲の墓 »