« 土屋太鳳さんが出てる | Main | DVD焼き付けとラベル作り »

08/29/2014

有栖川有栖さんの<妃は船を沈める>

先日、ご本人の講演を聴いて読んだ天王寺7坂に題材を求めた「幻坂」。さっそく暑い中、7坂全部を歩き回って動画を作り、youtubeに「3分間で早わかり!」シリーズとしてアップしました。ついでに「大阪文化発祥地 上町台地に偉人を訪ねる」(中央区編)も作成してアップ。(続編の「天王寺区編」も作成済ですが、こちらはまだアップしていません)。
「幻坂」が面白かったので、有栖川さんの小説を続けて読むことに。2冊目は「妃は船を沈める」。
帯に次のように書いてあります。

<この願い事は、毒だ。ゆっくりと全身に回る/所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。妃とあだ名される女と、彼女のまわりに集う男たち。危うく震える不穏な籠に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。何を願っているのだろう/臨床犯罪学者・火村英生が挑む、倫理と論理が奇妙に ねじれた難事件。>

大阪が舞台ですので、知っている地名がいっぱい、身近に感じます。

Sp1090657


|

« 土屋太鳳さんが出てる | Main | DVD焼き付けとラベル作り »