« 大阪の警官、制服で買い物OK | Main | マッサン 第2回 »

09/30/2014

マッサン 第3回

マッサンの母・泉ピン子から、家族一緒の食事を認めてもらえず、スコットランドでも日本でも誰にも祝福してもらえないと嘆くエリー。けなげに掃除、打ち水、鍋洗いなどに精を出します。姉・西田尚美から「母が反対するのは、亀山の嫁がいかに苦労するかわかっているから」という言葉にも、「私、早くお母さんに認めてもらえるよう頑張ります」。スコットランドの母から言われた「どんなに頑張っても、あなたは日本人にはなれないのよ」という言葉を思い出しながらも「私、頑張る」。
一方、マッサンは父・前田吟にウイスキーへの情熱を語ります。「親父が灘、伏見に負けない広島の酒を造ったように、日本初のウイスキー造りという新しいことに挑戦したい」。「お前、命をかける覚悟はあるのか」 。 お父さんはいずれよき理解者になってくれそうですね。
いよいよ明日は法事の日。親族の前で、エリーを認めてもらおうというマッサンの作戦は成功するのでしょうか。 第1週のテーマは「鬼の目にも涙」、鬼のピン子さんの目にも涙? なにが起きるのでしょう。
第1回で少々ぎこちない感じがした方言も、みなさん2回以降、板についてきました。広島弁とも少し違う竹原辺りの言葉をよく再現しています。

|

« 大阪の警官、制服で買い物OK | Main | マッサン 第2回 »