« 本当はアブない!? 漱石「こころ」100年の秘密 その2 | Main | 正倉院フォーラムの参加証が届いた」 »

09/12/2014

朝日記者の国語能力疑問

石破大臣が、「(朝日記者は)どれほどの国語能力を持っていたのか。どうみても読み誤りようがない。朝日の入社試験を受けたことがないから知らないが、相当の国語能力がないと採用されないのではないか」と皮肉をこめて批判したそうですが、全く同感。こんな記者が書く朝日記事を、「入試によく出題される」と受験生に宣伝しているのですから、ほとんどブラックユーモアの世界です。
実際は、反原発・東電批判に使えるものならなんでも、という記者の思い込みが先にあって、都合の悪い箇所を隠してインチキ記事に仕立てたのでしょうが・・・。一方 で「吉田調書の全面公開」を主張していたのですから、これもブラックユーモアとしか言いようがありません。バレるとわかっていて全面公開はないでしょうから、やはり国語能力の問題? それともあとから産経も調書を入手して真実を明らかにできるはずがないとたかをくくっていた?
裏付け取材もせず、誤報する伝統は昔からのお家芸ともいえます。かつて花形記者だった本多勝一氏が、中国共産党のお膳立てで取材旅行に出かけ、先方が提供したデータ、資料を裏付けもなく記事にしたおかげで、事実として広まった南京大虐殺や百人斬り競争(これは毎日新聞の戦意高揚記事=兵士のほら話=が発端)、これら記事の取り消しや謝罪はいつ?

|

« 本当はアブない!? 漱石「こころ」100年の秘密 その2 | Main | 正倉院フォーラムの参加証が届いた」 »