« 映画 舞妓はレディ | Main | コントの劇場/9月号 »

09/27/2014

花子とアン が終わった

「腹心の友」、「どんなに不安な夜でも必ず朝がやってくる」、「曲がり角の先にはきっともっといいものが待っている」・・・人生の教訓がいっぱい詰まったドラマでした。
娘は北九州市でカトリック系のミッションスクールに通っていました。その本部はたしかアンの舞台プリンス・エドワード島だったはずと調べました。あれ? モントリオールと書いてある。記憶間違いかなあ。
それより驚いたのは、この学園のホームページをみると、「ISO9001」の認証取得済。学校も品質ISOの時代ですか、びっくり。

来週から始まる「マッサン」、私の叔母がスコットランドからやってきたエリーのモデル・竹鶴リタさんの世話役をしていたと聞いたことがあります。朝ドラになるのなら、どんな人だったのか聞いておけばよかった、もうあの世に行ってしまいましたので無理ですが。

|

« 映画 舞妓はレディ | Main | コントの劇場/9月号 »