« 外人必携のガイドブックには写真がない | Main | 正倉院フォーラム その1 »

09/21/2014

武井咲さんの秘密

武井咲さんは、「たけい さき」でなく、「たけい えみ」です。なぜ?と思っていたのですが、その秘密をきょうのMSN産経ニュースが明らかにしてくれました。「咲」と「笑」は同意語の異体字だったのですね。
もともとの字は、口へん+草かんむり+よう (写真参照)、この右を書き間違えて「咲」になり、一方、草かんむりが竹かんむりに変化し、さらに口へんが省略されて「笑」になりました。「笑」の下は〈踊る巫女の姿〉、上の竹は〈巫女の長い髪〉を表しています。
武井咲さん自身の言葉です。「花が咲くように、笑みの絶えない子にと、咲という名前をつけてもらいました」。ご両親の漢字に対する造詣の深さがよく分かります。

Sp1090955


|

« 外人必携のガイドブックには写真がない | Main | 正倉院フォーラム その1 »