« 陀羅尼助売ってます | Main | 四天王寺 幻燈會(げんとうえ) »

10/05/2014

ボーダーライン 第1回

10/04 NHK GTV
大阪市消防局が協力しているドラマです、

緊迫感にあふれた消防、救急救命の現場がリアルに描かれていました。車に閉じ込められた負傷者を救出するため、フロントガラスを枠ごと引き剥がし、ボディをカッターで切り離す作業は初めて見ました。ふだん当たり前のように利用している消防や救急車で働く人々の苦労や悩みがよく伝わってきます。
薬物中毒の男が、出動した消防士を刺して放火、こんな理不尽なケースでも、救出の優先順位は一般人の犯人の方が先。新米消防士・小池徹平が疑問を持ったのも当然です。こういう割り切れなさを消防士の方が抱くことのない社会を作らなければいけませんね。
新米消防士にとって、驚きの現場実態が次々。 悩み、疑問を感じ、反発している彼は、今後どのように伸びていくのでしょうか。ドラマを楽しみながら、彼の成長を見守りたいと思います。バツイチ子持ちの藤原紀香さんも気になる存在です。
アメリカのドラマや映画では、消防士の活躍するものが少なくありません(例えば映画「タワーリングインフェルノ」し、USJにも恐怖の大火災をリアルに再現した「バックドラフト」があります。昔、「バックドラフト」を観たとき、アメリカで消防士がいかに勇敢で男らしく、尊敬される対象になっているかを知りました。日本でこういうドラマは、珍しいのではないでしょうか。消防の現実を取り上げることにより、視聴者の意識を高めるという教育効果も期待できそうです。

|

« 陀羅尼助売ってます | Main | 四天王寺 幻燈會(げんとうえ) »