« ルソンの壺/~10月号~ 食大特集 | Main | 「きょうのマッサン 第5週 1回目」 2014.10.27 »

10/26/2014

土曜ドラマ/ボーダーライン(4)「お前はいらない!

10/25 NHK GTV 

消防署員の仕事は、救助する方も救助される方も命がかかっています。それだけにわずかなミスも許されません。ドラマを通じてチームワークがいかに必要か、よくわかります。日頃から職場のチームワークを育て、維持する努力がいかに大切なことか。ドラマの中で、署長以下、上司が部下の性格や資質を見極め、育てていることが伝わって来ます。
明が頻繁に使う「おかん」という言葉。現在、大阪市大で落語家の桂春之輔師匠(大阪市大客員教授)の講義「大阪落語への招待」を受講しています。その中で 「おかんは幼児語で、下品な言葉。使うべきではない。テレビで耳にすると不快」と教えられました。ちょっと気になりましたのでひとこと。
回をおう毎に明が成長しています。妻子を捨てて家出した、 どついてやるはずだった 父に会っても、冷静に言葉で対処していました。蔭山が自分に冷たくしたのも、わざとだったことを悟ります。蔭山の言葉「(憎かった父親なのに、そんな気持ちが全部どっかへ行ってしまったのは)お前がいつの間にか消防士になってるからや」、上司が部下を大切に育てていることがよくわかります。
楓はさくらを育てながら隊長を続けるのでしょうか、明は救助隊の仕事に馴染んでいくのでしょうか。次週最終回がどんな展開になるのか楽しみ。

|

« ルソンの壺/~10月号~ 食大特集 | Main | 「きょうのマッサン 第5週 1回目」 2014.10.27 »