« 道頓堀で 6代目グリコネオンを見る | Main | 動画 100年ぶりの大規模修理を終えた正倉院 »

10/30/2014

「きょうのマッサン 第5週 4回目」 2014.10.30(木)


「主題歌/麦の唄」について、エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさんのコメントです。
<出だしのメロディを耳にしただけで、この歌は「マッサン」の歌だとわかりました。イントロの時点で、感動してしまい涙が溢れ出てきました。この歌は私たちに力と元気を与えてくれます。壮大な旋律はまさにマッサンとエリー、二人が歩む人生を表現しています。中島みゆきさんの、パワフルかつ繊細で美しい歌声がバグパイプとスネアドラムの音に共鳴し、スコットランドと日本のパーフェクトブレンド(ウイスキー)を醸造しています。スコットランドと日本の繋がり、二人の心の絆を忠実に映し出しています。中島さんの歌詞の素晴らしさに心が震えました。この勇気と感動の主題歌を「マッサン」のために書き下ろしていただいたことは私の誇りであり、とてもとても光栄に思っております。中島さん、心より感謝申し上げます。Thank you,thank you,thank you. Beautiful.>

株主会議会場に入ってきたエリー、自己紹介に続き、スコットランドでウイスキーと共に楽しむ料理を運んできます。煙臭くないと驚く株主たち。優子さんと好子さんのアイディアで、乾燥させた杏、チーズのような豆腐の味噌漬け、アジの開きも。ウイスキーに合う日本食は、たくさんあったのです。「ウイスキーにはその土地の力が味と香りになって宿ります。ヘザーの花咲く大地を通った水には、ヘザーの香りが宿る。その豊かな水は大麦を育み、樽の中でじっくり熟成される。ウイスキーにはその町、その国の魂が宿る。日本の魅力がいっぱい詰まったウイスキーを造らせてつかあさい!」。大作も「商品化までの5年間は、太陽ワインがつなぎます」。エリーも好子さんも、頭を下げます。そして、株主たちから一斉に拍手が・・・。その夜、一抹の不安を隠せないマッサンにエリーがやさしく声をかけます。「大丈夫、マッサンの夢、私の夢」。そして数日後、ついに株主会議の結論を伝えに、大作の義父と優子の見合い相手の父・藤岡がやって来ました。

|

« 道頓堀で 6代目グリコネオンを見る | Main | 動画 100年ぶりの大規模修理を終えた正倉院 »