« きょうのマッサン 第8週 5回目 | Main | プラネタリウム 「はやぶさ2、小惑星へ!」 »

11/21/2014

企画展 はやぶさ2 (大阪市立科学館)

小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げが 、11/30に予定されています。初代「はやぶさ」の後継探査機です。2014年に打ち上げ、2018年に1999JU3(初代は「いとかわ」でしたが、今回はまだ名前がないので登録番号で呼ばれています)という小惑星に到着、探査と岩石の採取を行って2020年に地球に帰還する計画です。
「はやぶさ2」の実物大模型、打ち上げロケットの模型、イオンエンジン、ターゲットマーカー、衝突装置等の実物とともに、計画の概要をイラストや資料で紹介していました。
今回の特徴は、初代と違って、小惑星に純銅の弾丸を撃ち込んで人工クレーターを造り、表面の焼けた岩石を除去して内部の岩石を採取するための「衝突装置」を搭載していること。地上での模擬実験結果も展示してありました。
おもしろいのは、「はやぶさ2」本体から衝突装置を小惑星に発射したあと、爆発時の影響を避けるため、本体が小惑星の裏側に避難してから弾丸を発射すること。いろいろユニークな仕掛けが織り込まれています。
11/30までです。

写真は、、「はやぶさ2」実物大模型、打ち上げロケット模型、イオンエンジン、衝突装置下降のイラスト、地上模擬試験で回収された銅の弾丸。

Sp1100920


Sp1100922


Sp1100924

P1100928

P1100927

|

« きょうのマッサン 第8週 5回目 | Main | プラネタリウム 「はやぶさ2、小惑星へ!」 »