« 大阪商人の豪遊と散財 | Main | 大阪商人の豪遊と散財/繁昌亭 その3 »

11/26/2014

大阪商人の豪遊と散財/その2/繁昌亭は超満員

チケットを買ってなかったので早目にと、開演1時間半前に到着したら、すでに補助席の6番目。「春之輔師匠が大阪市大でも紹介されましたからねえ」と言うと、「おかげさまで。師匠にも宣伝してもろて」。こんなに繁昌しているとは・・・。
チケット購入後、天神橋筋商店街のだるまやで、「カレーうどん」と関西名物(らしい)「紅しょうが天ぷら」を食べて腹ごしらえ。行列のできていた、マスコミで話題の中村屋コロッケでコロッケを買って、再び繁昌亭へ戻り、隣の無料休憩所で一休み。補助席の入場は、一般席の人より20分遅れの18:20、開演の10分前でした。
「ドンドンドンと来い」の一番太鼓、「福来い来い」の二番太鼓に続いて、桂三風「米揚げ笊(いかき) 」、林家花丸「幸助餅」、桂米團治「百年目」、中入り後「鼎談(ていだん)」(大商会頭&京阪電鉄最高顧問・佐藤茂雄、桂春之輔、阪大招聘教授・高島幸次)、笑福亭松枝「莨(たばこ)の火」と続き、21:00に終了。

Sp1100963

Sp1100954


|

« 大阪商人の豪遊と散財 | Main | 大阪商人の豪遊と散財/繁昌亭 その3 »