« きょうのマッサン 第9週 5回目 | Main | きょうのマッサン  第9週  6回目 »

11/28/2014

「大阪落語への招待」2014.11.28

桂春之輔師匠は、大阪市大だけでなく、相愛大学でも客員教授として活躍されています。産経新聞11/25に「若者に落語の魅力発信/相愛大生、天満天神繁昌亭で寄席プロデュース」という記事が掲載されました。
さて、11/28の大阪市大の講義は、よそでは絶対お目にかかることのできない、「大阪市大/大阪落語への招待」一番の目玉企画でした。大阪落語の「時うどん」と東京に輸出?されてできた「時そば」の競演! もとは同じなのに全然違います。大阪と東京の落語の違い、魅力がじつによくわかる名講義でした。2つの落語を演じわけたのは、桂春雨師匠。東京出身なのに、大阪の桂春団治に憧れて弟子入りした珍しい咄家さんです。「時うどん」も「時そば」も自然体で語れる唯一の方といっていいでしょう。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          まず、「時そば」次いで「時うどん」が演じられました。両者の違いは一目瞭然。「時そば」はまれに笑いが出る程度、「時うどん」になると、爆笑に次ぐ爆笑。大阪落語は聞き手を笑わせようとする工夫、仕掛けが至るところに仕込まれています。東京落語は、歴史的に笑いを重視せず、3回くらい笑えればいいという考え方です。                                                                                                                                                               

具体的に何が違うか?  まず、最初の客が東京は1人、それを見ていた第3者が2回目の客になります。大阪は最初の客が2人、うち1人はアホ。2回目の客はそのアホ。まともな人とアホが繰り広げるおかしな会話と仕草、1人ではとてもそのおもしろさ、おかしさは表現できませんし、聴き手の笑いを誘えまbせん。アホがまともな人を真似て、1文ごまかそうとするシーンにもおかしさが満ちています。アホがアホのピンぼけした演技まで行うのですから。
いやあ、じつにおもしろい授業でした。

|

« きょうのマッサン 第9週 5回目 | Main | きょうのマッサン  第9週  6回目 »