« ホイッスラー展と華麗なるジャポニスム展 | Main | 善玉と悪玉に図式化する安直 »

11/12/2014

きょうのマッサン 第7週 3回目

きのうに続いて、このドラマの大きなテーマらしい「冒険旅行」という言葉が、鴨居社長からも飛び出します。
やって来たのは鴨居商店の黒沢でした。エリーは鴨居社長から、通訳を頼まれます。相手はイギリスの貿易商社香港支店長、スコットランド人です。 「わが鴨居商店は国産ウイスキーを造りたい。日本中にウイスキーをはやらせ根づかせたい。ウイスキー製造の知識と技術を持つ人を紹介して欲しい」。鴨居に頭を下げて、働かせて貰うようマッサンに勧めるエリー、「いまさらそがなことできるか」と言うマッサンと大喧嘩になります。エリーの「大将はなぜウイスキーを?」に、「アッと驚かせて この国を日本人を元気づけたいんや。人生は冒険や。あて自身がアッと驚くような冒険せんとな。冒険には危険がつきもんや。怖がってたら前には進めん」と亡き父と同じことを言う鴨居社長。一方、マッサンはパン造りに目覚め、庭に窯を造り始めます。そこに泣きながらやって来た幸子。エリーは嫌な予感がします。

|

« ホイッスラー展と華麗なるジャポニスム展 | Main | 善玉と悪玉に図式化する安直 »