« 高倉健スペシャル | Main | 東京の気温が下がります。その理由は? »

11/23/2014

朝日新聞の北朝鮮観

11/23付産経新聞「から(韓)国便り」(黒田勝弘)は、「朝日新聞の2度目の転機」。同紙の北朝鮮観がころころ変わってきた歴史と、その理由をレビューしています。「過去の軍国主義日本を否定し、ソ連や中国などの社会主義や共産主義を新しい時代の理想とする戦後的な雰囲気」、「韓国・朝鮮に対して昔、日本が支配したことを申し訳なかったという、贖罪意識」から、朝日は、北朝鮮へ同情と支持を惜しみませんでした。長い間、親・北朝鮮で「北朝鮮が拉致なんかするはずがない」という姿勢。北朝鮮からの亡命者証言や脱北者が伝える北朝鮮の実態や、韓国の情報機関の北朝鮮情報にはきわめて冷淡、大きく取り上げることはありませんでした。北朝鮮への遠慮、配慮から、北朝鮮による大韓航空機爆破テロも断定をさけたり・・・。しかし拉致事件が事実と分かり、朝日は「北朝鮮幻想」から目覚めます。
過去の「北朝鮮礼賛」、今回の「慰安婦誤報」に共通するのは、韓国・朝鮮に対する過剰な贖罪意識。被害者の主張はすべて正義であり、加害者の日本の主張は虚偽で悪であるという観点から被害者証言に過剰に肩入れした結果です。同情や贖罪感が過剰になって目が曇り、本当のところが見えなくなってしまったのです。
朝日新聞や同社第三者委員会の見解に、黒田さんのような分析は見られませんね。こういう反省が出るようなら復活も期待できるのですが。

|

« 高倉健スペシャル | Main | 東京の気温が下がります。その理由は? »