« あさイチ  マッサンの大阪 | Main | きょうのマッサン  第7週  5回目 »

11/14/2014

鵜飼に恋した夏~京都発地域ドラマ~

2014.11.12 NHK BSP

1時間ドラマにあまり多くを期待するのも酷とは思いますが、ストーリーがやや安直では。もう少しインパクトのあるドラマを期待したのですが・・・。夕浮が、大阪から追いかけてきた浮気癖のある元恋人と、簡単に和解して結婚を約束したかと思ったら、すぐまた「やっぱり鵜飼に生きる」と決心を翻すのも不自然です。どうして鵜飼を諦めきれなかったのか、笹本への恋愛感情は? もっと丁寧に描いてもよかったのでは。
神経質な鵜を手なずけるのは大変と聞きます。噛まれることも珍しくないとか。忽那汐里さんが真剣な顔で「ホーウ!」と声をかけながら手綱を操り、笑顔で「はい! 吐かせますよ、ホイホイホイ」と口から魚を何匹も吐かせる様子はお見事でした。以前、番宣で忽那さんを指導した本職の女性鵜匠が、腕前を誉めていましたので楽しみに見ました。
かがり火に照らされた鵜飼いの夜景シーンがきれいでした。冒頭、題名の字の上を鵜がチョンチョンと飛んでいくシーンも可愛らしく感じました。エンディングで、次々現れた宇治に関係する写真、紫式部像、茶摘みの若い女性、市役所の人々、宇治っ子朗読劇団、女性鵜匠、鵜などの実物写真も印象的でした。

|

« あさイチ  マッサンの大阪 | Main | きょうのマッサン  第7週  5回目 »