« 北陸新幹線グランクラス体験イベント | Main | うめきた広場 »

12/08/2014

きょうのマッサン  第11週  1回目

朝ドラのマッサンは、真面目ですがどこか頼りない、コミカルな男に描かれています。実際のマッサンは、几帳面で、じつに緻密な人だったようです。それがよくわかる、竹鶴正孝氏のノート2冊「スコットランド実習報告」を昨日見てきました。ページをめくりながら、びっしり小さな字で丁寧に書き込まれた文章、フリーハンドで正確に画かれた図面や絵、写真・・・正直驚きました。「これが、ウイスキー造り未経験の竹鶴氏が書いた大正時代の報告書?」。内容もウイスキー製造の技術的な事項にとどまらず、将来日本で製造するときのために、コスト、価格、職人の待遇、労働問題等まで調査・考察しています。表紙に「在カンベルトン 」と書いてありましたので、留学中に書き上げたのでしょうね。                                                                                                      
                                                                                                                                                  
工場完成とベビー、盆と正月がいっぺんに来たようだと喜ぶマッサンとエリー。エリーは梅子さんに教えてもらってお祝いのバラ寿司を作ります。「マッサン、私 ママに手紙書く。私は幸せ、マッサンといっしょにいつも楽しく、アドベンチャーしてる」。                                                                                                                                                          
完成した工場では、創業開始に向けて大忙し。マッサンが鴨井に言います。「樽は、わしらのゆめのゆりかごです。手間隙かけて仕込んで、このゆりかごに入れてゆっくり熟成するのを待つんです。ウイスキーはひとりでにできるもんとは違います。根気よう面倒見て、世話焼いて丹精込めて育ててやらんと」「同じ蔵で育てても、樽一つ一つに違いが出てきます。それぞれの持ち味を組み合わせて、初めてええウイスキーが出来るんです」。                                                                      鴨井が長男・英一郎をマッサンの家に連れてきます。「こいつをマッサンの弟子にしてもらいたい。エリーちゃんには英語の先生に。住み込みでお願いしたい。今晩から」。大将はいったい何を考えているのでしょう。

|

« 北陸新幹線グランクラス体験イベント | Main | うめきた広場 »