« 期日前投票に行ってきました | Main | 「竹鶴MUSEUM展」 その1 »

12/09/2014

きょうのマッサン  第11週  2回目

12年ぶりで紅白に出場することになった中島みゆきさん、注目は歌う場所です。ご本人は「今年は麦畑よ!  余市の麦畑がいい」と上機嫌、麦畑からの中継を要望しているそうですが、大晦日の余市は雪一色?  代案としてスコットランドからの中継も検討されているようです(週刊文春12/1号より)。でも余市の蒸留室(ポットスチル)か、貯蔵庫からの中継になるかもしれませんね。                                                                                                                                               
                                                                                                                                                                                                                  
「お世話にはなりますが、お二人にはなるべくご迷惑にならないようにします。掃除・洗濯は自分で。食事はお二人とは別に、一人で食べさせてもらいます。お二人の生活にはなるべく立ち入らんようにしますので、必要以上に干渉しないでください」。英一郎は英語がしゃべれました。「西洋の自由主義リベラリズムについて話を聞かせてほし        い」と言い出します。「自分の弁当は自分で」と朝早くから起きて米を炊く英一郎・・・。「母は10年前に亡くなりました」。                                                                                                                                                                                                           
工場で、樽の移動を手伝うよう指示された英一郎、「あの人たちのミステイクでしょ?」と不満顔。マッサンから「誰にでも失敗はある。みんなで補え合えばええじゃろが。わしらはここで日本初のウイスキーを造るんじゃ! 皆で一丸となって取り組まにゃいかん。一致団結して取り組めないようなら、たとえ社長の息子でもやめてもらう」。英一郎が俊夫に言います。「がっかりです。欧州に留学されとったんならもっと知的で合理的な考えの方と思っていたのに。封建的で古めかしい全体主義で」。英一郎は、自分の生き方すべてを決めてしまう封建的な父が大嫌いです。

|

« 期日前投票に行ってきました | Main | 「竹鶴MUSEUM展」 その1 »