« 動画 大阪光の饗宴 御堂筋イルミネーション | Main | さよなら私 最終回 »

12/11/2014

きょうのマッサン  第11週  4回目

「竹鶴MUSEUM」に「50年前、頭の良い日本の青年がやってきて、一本の万年筆とノートで英国のウイスキーづくりの秘密を盗んでいった (元英国首相) 」というプレートがありました。イギリスのヒューム外相(のち首相)が来日時に、竹鶴正孝氏を称賛して語った言葉です。朝ドラ「マッサン」第1回冒頭で、英国大使の言葉としても使われました。もっともドラマのように「美しい女性を奪っていった」とまで言ったかどうかは、確認できていませんが・・・                                                                                                                                                                                                        
                                                                                                                                                                                                                           
「英一郎、なぜ泣いた?」、「周りの人たちが、本気でエリーさんの子どものことを心配して、みんなで守ろうとしている。エリーさんがボクを誉めてくれた。エリーさんは、強くて温かくて素敵です。どうして工場長と?  僕は苦手です」「マッサン、いつもガーと熱くなってもう止まらない。猪みたいでしょう。でも優しい猪、一生懸命頑張る猪は素敵」。鴨井社長の部屋で、鴨井と黒沢が、鴨井の妻の命日のことで何事か相談しています。どうやら英一郎の知らない秘密があるようです。                                                                                                                                                              
「エリーさんは、父のどこが好きなんですか?」「大将、私のパパと同じこと言う、〈人生はアドベンチャー〉 」。「父とは一緒に食事をした記憶もない。誉められたことが一度もない。父は心のない人です。全ては商いのため。胸の病気で入院中の母の見舞いにも来なかった、人でなしです」。マッサンが、英一郎にゆりかご作りを手伝わせます。 やっと 笑顔の出た英一郎、 「エリーさん、僕は間違うとりました。猪にはフランクでフレンドリーな一面がありました」。そこへ、赤ちゃんができたことを聞きつけた鴨井の大将がやってきます。再び父と息子の間に険悪な雰囲気が・・・

|

« 動画 大阪光の饗宴 御堂筋イルミネーション | Main | さよなら私 最終回 »