« あすは19年に1回しか訪れない日 | Main | 鴨居の大将の気分で、太陽ワインを »

12/22/2014

きょうのマッサン  第13週  1回目

12/19付産経新聞記事の続きです。櫻井CPは、エリーの流産を単なる悲劇として描くのでなく、そこから立ち上がり、希望を見つけていくエリーの姿に、明日を感じられる週にしたいと思ったそうです。そこで、2組の親子・子宝というくくりで、マッサンとエリーの子どもが失われるという話と、鴨居欣二郎と長男・英一郎の話を重ねていくことにし、2組の親子が希望を見つけていく姿を山崎蒸留所の始業と重ねて、エリーが立ち直る過程を立体的に描くことにします。                                                                                                                                                                                                            
12/21のNHK大阪発表によれば、ドラマの舞台は新年からいよいよ北海道・余市へと移りますが、主役のマッサンこと亀山政春(玉山鉄二)の工場の出資者となる投資家・渡芳利役に1/16から、オール阪神が登場します。相方のオール巨人も、12/24放送回で、マッサンが初めて作った国産ウイスキーを試飲するウイスキー通の役で出演。また、余市の床屋主人夫妻役で、温水洋一と酒井若菜が登場します。                                                     
                                                                                                                                                                                                                                  
創業から4年、原酒は順調にでき、樽に詰められていきますが、最低5年の熟成が必要です。世の中は景気はどんどん悪くなり、鴨居商店も倒産を避けるため、熟成途中のウイスキーを販売するか、ウイスキーの製造を中止するか、回転の速いビール事業に進出するかで揺れています。一方、養子のエマも4歳、好き嫌いがはげしく、ニンジンを食べません。

|

« あすは19年に1回しか訪れない日 | Main | 鴨居の大将の気分で、太陽ワインを »