« 竹鶴MUSEUM その3 | Main | 有栖川有栖さんの<論理爆弾> »

12/13/2014

大阪市大  大阪落語への招待  第9回

桂春雨師匠の落語(実演)は、「悋気(りんき)の独楽(こま)」。きょうのテーマ「女性が主人公の落語」に沿った演目です。もともと咄家は男社会、女性の登場する話は少ないそうです。いままで何気なく聴いていた落語ですが、そういえば・・・。「悋気の~」は船場のごりょんさん(奥さん)の台詞が30%、女中が20%、その他おてかけさん(東京のおめかけさん)も出てくるという、女性が大活躍する珍しい落語です。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
落語は、声の高さや調子を変えて、一人で多くの人を演じわけなければなりません。そこでいろいろと工夫 が・・・。前半に声が高くて上品な女性を登場させ、後で声の低いおっさん風の女性を出すとか。 色街の女性のように独特の言い回しのある女性は演じやすいそうですね。春雨師匠の「悋気の~」でも、ごりょんさんは普通の           声、女中は多少わざとらしい声、おてかけさんは上品な声と使い分けていました。                                                                 
桂春之輔師匠から、フーテンの寅さんの母親がみやこ蝶々さんだったことを聞きました。大阪でラブホテル経営者になっていた母親に会いに来て「あんたに捨てられて苦労した」と泣く渥美清さんに、蝶々さんはビシッといったそうです。「捨てられた子が悲しいか、捨てなければならなかった母親が悲しいか」。何作目の映画だったのでしょう か。見てみたいものです。

|

« 竹鶴MUSEUM その3 | Main | 有栖川有栖さんの<論理爆弾> »