« きょう、あす、あさって | Main | きょうのマッサン/メイキング映像 余市編 »

12/30/2014

道徳心高める教育を推進すべし

12/29付産経新聞朝刊「正論」に加地伸行先生(阪大名誉教授、立命館大学フェロー)が道徳教育について書いています。道徳教育といえば、戦後はすぐ反対の声が出ます。その理由は、「国が一定の価値観を押し付け、自由かつ多様な価値観が育つのか。思想信条を統制することになる」などであり、「相変わらず朝日・毎日など左筋マスコミが反対している」(加地)。ここで加地先生は猛然と反論します。 「反対論は、〈道徳教育は一定の価値観の押し付け〉という硬直した思い込みの感情論であり、道徳とは何かと考えたことがないことを露呈している」。          
こういう意見が、朝日新聞に載ることはないでしょうから紹介しておきましょう。個人的には加地先生の主張に賛成です。                                                                                                                                                                                         加地先生によれば、道徳には絶対的道徳(古今東西共通する道徳。社会秩序の鉄則。人を殺すなかれ、盗むべからず等。→公徳であり、きちんと教えなければならない)、相対的道徳(それを実行するには自己が判断し決定する種類のもの。海上に3人いるが舟には1人しか乗れない、どうすればいいか?  →正解はないが、議論し選択と自己の決断という生き方を学ぶ訓練により道徳心を高める)、修養(己の生き方を鍛える。偉人伝等で啓発)がある。これらを教えることのどこがいけないのか〉                                                                                                                                    
〈日本の教育の不幸は、政府の行うことを、左筋の者が常に悪く悪く解釈し悪宣伝をすることである。モラルジレンマの訓練・討論など知らないで悪口雑言だけ。彼らにこそ道徳教育が必要だ〉
最後の一言が痛烈です。

|

« きょう、あす、あさって | Main | きょうのマッサン/メイキング映像 余市編 »