« ベターを選ぶ知恵 | Main | きょう、あす、あさって »

12/29/2014

投票率が低いのは、政府に絶望していないから

もう一つ、曽野綾子さんの文章におもしろいのがありました。12/17付産経新聞朝刊の「透明な歳月の光」です。
今回の衆議院議員選挙が低投票率だったことを、中国が「国民が政治に絶望しているからだ」と言ったそうですが、曽野さんの解釈は・・・
〈今回の投票率の低さは、国民にある種の諦めと、しかし根本的には現状に決定的に不満がないからだ。日本は中国と違って思想の表現が自由な国だからほんとうに政府に絶望していたら、もっとこぞって投票にいくのである〉。
確かに・・・。                                                                                                                                                                                              
もうひとつ、曽野さんは〈今回集団的自衛権一部行使を認めた自民党が圧勝したのは、ひとえに中国のおかげである〉と書いています。あれだけ中国の漁船が珊瑚の乱獲に押しかければ・・・

|

« ベターを選ぶ知恵 | Main | きょう、あす、あさって »