« きょうのマッサン 第12週 2回目 | Main | 中之島公園のイルミネーション その1 »

12/16/2014

選挙が終わって

大阪府の市区町村別比例区の得票数をチェックして、驚きました。ダントツで1位なのは退潮が伝えられていた維新。自民にわずかに負けているのは、忠岡町と千早赤阪村だけ。あとはすべて他党を圧倒する票数です。大阪府全体の得票率は32.37%。もし松井、橋下両氏が立候補していたら、二人の公明幹部を押しのけて当選した可能性大。序盤で大きく出遅れていた維新は、選挙区でも終盤に自民を猛追したと産経は書いています。もっと大きく落ち込むのではないかと 思っていましたが。
朝日新聞の投票日当日の社説は、「民意は数の多寡だけではかられるものではない」、民主党が圧勝した平成21年8月には「民意の雪崩を受け止めよ」。まったく自分勝手で、支離滅裂な理屈を振りかざす新聞です。
菅元首相が選挙区で落選しました。失点だらけで、いまだに害毒を振り撒いている人を応援する人がまだいるのかと思ったら、いるんですねえ。 11/25に異例の非公開(通常取材フリーが常識)で開かれた政治資金パーティー「菅直人の復活に期待する会」には、法政大学・山口二郎教授、ジャーナリスト・高野孟氏など民主応援団や朝日新聞の星浩特別編集委員(取材でなく個人的つながりだそうです)が駆けつけました。朝日に吉田調書をリークしたのは菅元首相で、自分をぼろくそに書いている部分を除いてスクープ記事にさせたとささやかれているのもまんざら嘘ではないかも? 

|

« きょうのマッサン 第12週 2回目 | Main | 中之島公園のイルミネーション その1 »