« 歯磨き後のうがいは1回だけですよ | Main | 動画 住吉大社白馬神事 »

01/09/2015

大阪市立大学  大阪落語への招待  第11回

初級編、中級編と講義内容もレベルアップ、前回から上級編に入っています。今回は文楽、歌舞伎の名シーンが入っている落語です。実演は桂春雨師匠による「蔵丁稚(くらでっち)=東京に移植されて四段目」、このなかに「仮名手本忠臣蔵」がでてきます。まず、ビデオで文楽と歌舞伎の演技を鑑賞したあと、落語に移ります。     
文楽、歌舞伎のシリアスな内容を落語でどのように演じるのか興味津々でした。仮名手本忠臣蔵をうまく笑いでくるんで落語に仕立てていることに感心しました。                                                                                                                                      
きょうの講義で、仮名手本忠臣蔵の「仮名手本」の意味を初めて知りました。忠臣蔵の浪士47士といろは47文字      の47が一致することから、仮名手本のように、手本になる47人の忠臣の「蔵」(集まり)。                                          
以前、「時うどん」の講義で、江戸時代の時刻の呼び方は、中国で縁起のいい9を夜12時とし、9の倍数  18,27,36,45,54   の一桁目を昼12時まで割り振った(昼12時~夜12時までも同様)ことを知りました。鐘を打って時刻を知らせるのに、数が多くなると間違うので一桁目だけ採用したそうです。いままでそんなことも知らなかったのですから恥ずかしくなります。考えてみると落語の講義を通じて、いろいろなことを教えていただいています。                                                                                                                                                                                         来週は共通1次試験の前日ですので休講、再来週は、笑いのない落語「はてなの茶碗」がテーマです。

|

« 歯磨き後のうがいは1回だけですよ | Main | 動画 住吉大社白馬神事 »