« きょうのマッサン 第16週 6回目 | Main | »

01/24/2015

大阪市立大学   大阪落語への招待    第12回

上級編の2回目です。江戸落語はスーリー重視で小説のよう、10日間続く場合もあります。一方、大阪落語は笑い重視です。今日の授業は、大阪落語のなかで数少ないストーリー性のある落語「はてなの茶碗」を桂春雨師匠のナマ高座で鑑賞しました。以前にもテレビで観たことがありますが、ストーリーの有無などはまるで考えませんでした。  
                                                                                                                                                                                                 ストーリー性のある落語の特徴は、登場人物・時代・場所がはっきり特定されていること。聴く側にも知的レベルが必要です。「はてなの茶碗」に登場する人物は、担ぎの油屋・清水音羽の滝茶屋の主人・茶道具の目利き金兵衛(茶金)・関白・帝・鴻池善右衛門 、場所は清水舞台から階段を下った音羽の滝のところにある茶屋、関白の屋敷、京都御所。季節は最初は桜のころ、最後は夏祭りのころ・・・。何も知らずに観るのとは大違い。落語の奥深さを感じます。来週は逆に「ストーリーのない落語」の授業だそうです。どんな落語が登場するのでしょうか。  
                          
手塚治虫の原点は、2代目桂春団治の似顔絵ポスターという話も聞きました。ポスター(複製)も見ました。

|

« きょうのマッサン 第16週 6回目 | Main | »