« 本の福袋 | Main | 最先端は四国から »

01/07/2015

きょうのマッサン  第14週  3回目  

1/5から産経新聞夕刊に、キャサリン役の濱田マリさんのインタビューが連載されています。その第1回にシャーロットさんから濱田さんへのメッセージが出てきます。
〈マリさんと会話や演技をしていると、すごく心地よくて幸せな気分になりますし、なによりリラックスできるんです。すごく小柄だけど大きな方、光り輝いていてエネルギーに溢れています。5歳児に見える時もあるんです。いつも積極的だし、刺激をいただきました。皆が疲れたときには歌を歌ったり、ジョークを言ってくれて、皆が元気になるんです〉                                                                                                                                                                                                        
 エリーの作ったホットトディを飲んだ早苗は咳が止まり、少しずつ食欲も出てきます。しかし相変わらず「祝言もあげてない女を嫁と認める訳にゃいかん」。早苗「あんたを初めて見たとき、魔女かと思った」、エリー「お母さんはデビル。怖い鬼。だけど息子を愛するお母さん」、早苗「たいしたもんじゃ、エリーさんは。異国に来て異国の言葉を覚えて。あのバカタのどこがええんじゃ」、エリー「一生懸命なところ。あと少しおっちょこちょい」。
一方、マッサンは余市の熊虎の家に到着。「これがおらの城だ」。本州からやって来た大勢のニシン漁の出稼ぎ、ヤン衆たちが出迎えます。熊虎の娘・ハナも。その夜は大漁を祝う大宴会。酒を飲み、手拍子でソーラン節を歌います。その活気に圧倒されるマッサン・・・。

|

« 本の福袋 | Main | 最先端は四国から »