« ドラマ10 全力離婚相談 1 | Main | 住吉万葉歌碑 »

01/08/2015

きょうのマッサン  第14週  4回目

櫻井チーフプロデューが「素晴らしいショットが撮れた」と、産経新聞の連載に書いていたシーンがきょう登場しました。
〈 朝日が 照りつける逆光の中、ウィスキー作りの理想の土地、霧がたつ川を見つけたマッサンが興奮して川の中で叫ぶシーンなのですが、玉山鉄二さんが突き抜けた表情をしています。このショットが撮れたことに、何か北海道に歓迎してもらえているような、特別の感慨を感じました〉。
                                                                                                                                                                                                 みんなから「不味い」と言われ、さんざんな評判だったマッサンのウイスキー、熊虎がすべて買ってくれます。熊虎から「親父は会津の侍だった。時代が変わり、刀を取り上げられ、土地を追われて仕方なく津軽海峡を越えてきた。リンゴの木を植えて何年もたち、やっと実がつきはじめたとき台風で全滅。親父と大喧嘩してうちを飛び出した。この町は夢の町だ。敗者が生き返る復活の町だ。先祖や出身、前の仕事、な~んも関係ねえ。何もかもなくしたもんが、もう一度でけえ夢を見れる町だ」。                                                                                                                                   
朝方、トイレの窓から霧を見つけ、外に飛び出して走るマッサン、霧の立ち込める川にたどり着きます。朝日に輝く川に入ります。マッサンが走る、上がる水しぶき、光輝く川面、両手で水をすくって飲むマッサン・・・「ハハッ!    お、おおっ! ホー!  あったどー 」。ハナと高台に登って上から地形を確認し、ピート(泥炭)を見つけます。「やっぱりここじゃ! ハナちゃんありがとう!」。熊虎との別れです。「また来いよ。おらと仲間たちが世話してやっから。必ず来いよ」。                                                                                                                                                          
やっと竹原のエリーと電話が通じます。エリー「アンポンタン! もうっ!」。

|

« ドラマ10 全力離婚相談 1 | Main | 住吉万葉歌碑 »