« 御堂筋、ギネス登録 | Main | 近江八幡に知人を訪ねる その後 »

01/12/2015

きょうのマッサン 第15週 1回目

1/10、NHK大阪ホールで開催された「マッサンファンミーティング」、北海道から沖縄まで7,000通を越える応募があったそうです。飛行機往復+ホテル代まで使って? スタジオでの公開収録は、整理券1枚につき1名ですが、NHKホールのイベントは2名入場できます。倍率12.3倍でした。「紅白歌合戦は(往復葉書)40通出したけど当たらんかった」と話している人もいましたから、熱心な人は必死なんですね。1枚しか出していないのに、当たった私はラッキー!? 受信料のお客様番号でチェックされますから、他人の名前を騙って応募することはできません。昔は犬や猫まで動員して往復葉書を書いていた人がいたそうです。また、整理券を売買することはかたく禁止されています。不正がばれると無効になります。
もうひとつ、1/10の今宮戎神社の宝恵籠行列のあとの記者会見で、シャーロットさん「マッサン終了後、日本に残って女優を続けたい」。来日したお母さんを説得したようですが、「怒っていると思う」。ご主人の声が全然聞こえてきませんが・・・

政志「お前のウイスケを一番楽しみにしとったのは、お母ちゃんかもしれんのう」、「酒と向き合うんじゃ。酒はいきもんじゃけんのう。酒に命を吹き込むんじゃ、あせるな」。お姉さんが、息子・悟を紹介します。エリーが竹原の実家で過ごしたとき生まれた子です。エリーが抱っこした赤ん坊が、こんなに大きくなっています。俊夫がマッサンとエリーに会いに駆けつけます。「わしゃ金輪際、ウイスキーを造るつもりはありません。二度と誘わんでください」、「まるで誘ってくれ言うとるみたいじゃのう」。大阪に帰って来たマッサン、鴨居の大将に北海道にも蒸留所を造り、ブレンドしたいと提案します。「アホ、時期が悪すぎる」。「わしを工場に戻してつかあさい。いつか理想のウイスキーを造るためにも、ここで日本人に飲み易いウイスキーを造ってみせます」。「大学の先生は全くアカンかった。ウイスキーは学問じゃないことがよう分かった。工場長に復帰せえ」。工場長復帰が、マッサンにとって試練の始まりとなります。

|

« 御堂筋、ギネス登録 | Main | 近江八幡に知人を訪ねる その後 »