« ニューステラス関西 | Main | クロネコメール便廃止のわけ »

01/23/2015

きょうのマッサン 第16週 5回目

涙なくして見られないきょうの「マッサン」でした。エリーの発言をきっかけに、やっと本心を語り始める熊さん。エリーの「愛する人の夢をかなえるために頑張る、苦労じゃない」というぶれない姿勢も立派。きょうのラスト、熊さんが夢をマッサンに託す重要なシーン、富貴晴美さん作曲の尺八の調べが静かに流れてきます。音楽も大阪編とはガラリ変わりました。

熊虎と同じ裏切者と思われていては、りんごの仕入れもできません。マッサンは熊虎の家を出ようと言いますが、エリーは反対します。「熊さんと一馬を仲直りさせたい」。進とタケさんがやって来て、家の権利書を持って帰ろうとします。刀を振り回して抵抗する熊虎、乱闘騒ぎになります。「あと3日だけ待ってやる!」。タケが帰っていきま す。一馬「母ちゃんは親父が殺したようなもんだ」、エリー「熊さん、お母さん愛してた。ニシン採ってこの家建てた。だけど間に合わなかった。お母さん、熊さん愛してた。愛してる人のために頑張る、苦労じゃない。愛してる人の夢 応援する。当たり前でしょ」、ハナ「エリーさんの言う通り、一馬が小さかったから知らねえべ。母ちゃんがこの家さ建てるの どれだけ楽しみにしてたか」、熊虎「おら シノを幸せにしてやれなかった。シノのためにも、残されたハナや一馬に、故郷(ふるさと)を残してやりてえ。逆賊にされた会津の人間は、死んでもお経をあげてもらえんかった。故郷(くに)を追われたおらの夢は、家族が安心して暮らせる故郷(ふるさと)をこしらえることだった。この家 建ててやっとこさ 長年の夢がかなった。だから なに言われてもここだけは手放したくなかった! ここはおらたち家族のふるさとだものな!」。熊さん「マッサン。この北海道に新しい時代をこしれえるために来たんだべ? 」、熊さんが懐から権利書を出し、マッサンに差し出します。「おれの夢、受け継いでくんにか」。

|

« ニューステラス関西 | Main | クロネコメール便廃止のわけ »