« 「NHKがこんなテレビ批評番組をやっていた!?/新春テレビ放談2015」  その1 | Main | 「高松日帰りの旅」その3 »

01/04/2015

「新春テレビ放談2015」その2

1/3 NHK総合のユニークな番組、続きです。

朝ドラ好調の秘密は、「あまちゃん」がきっかけ。昔はどの家庭も朝ドラを見ていたが、いつの間にか朝の情報バラエティーへ。ところが「あまちゃん」で朝ドラの面白さに気づいた人たちが、戻ってきた。NHKの努力、NHK育ちでない脚本家の採用・・・。ネットの影響も大、きょうの話をツイッターやfacebookにどんどんみんながアップし始めた。ドラマは録画して見ればいいと思っていた人が、ネタがばれてしまうので生で見るようになった。しかも後の番組「あさイチ」でイノッチと有働アナが、その日の朝ドラに突っ込む、これがいまのテレビの楽しみ方。NHK的にうまいな、と思う。「ごちそうさん」、おいしそうに食べていることがひとつの情報。家族で食卓を囲むことの大切さを描くステキな作品。大画面でクリアになったテレビで、朝から「おしん」のような辛いシーンや血だらけのシーンは見たくない。いまのデジタル放送では、細かいところまでこだわらないとクオリティは上がらない。料理もしっかりしたレシピで、きっちり作っている。「マッサン」はすごい。企業の成功物語は、真面目に真剣に作るものだった。眉間にシワを作るような作品が多かった。「マッサン」はホームドラマのように作っている。「サザエさん」の雰囲気で企業の成功例を作っていく。このテクニックはすごい、うまい。

|

« 「NHKがこんなテレビ批評番組をやっていた!?/新春テレビ放談2015」  その1 | Main | 「高松日帰りの旅」その3 »