« | Main | 徳松とうふ »

01/07/2015

製造業の国内回帰進む

1/7付産経新聞朝刊1面トップは、「パナ、シャープ日本回帰/生産拠点 中国リスク回避/円安・人件費高騰」。ここ数日、こういった報道が目につきます。かつて円高により、国内の製造業は相次いで中国等に拠点を移し、空洞化が進みました。雇用が失われ、地方衰退の大きな原因になりました。同記事は、パナソニック(洗濯機、レンジ、エアコンを国内に)、シャープ(テレビ、冷蔵庫の一部を中国から国内生産に)だけでなく、ホンダ(原付きバイク)、TDK(現在、売上の4~5割が中国生産、3割を国内へ)、ダイキン工業(家庭用エアコン)、キヤノン(カメ ラ等国内生産比率を50%に引き上げ)なども相次いで国内生産への回帰を進めていると報じています。この動きが進めば、アベノミクスは大きな成果を生むでしょう。安部政権が進める地方創生にも寄与します。

|

« | Main | 徳松とうふ »