« きょうのマッサン 第15週 5回目 | Main | ニューステラス関西 01/15 »

01/16/2015

歴史秘話ヒストリア/あの日から世界が変わった~リスボン巨大地震の衝撃~

NHK総合、01/14

1755年のリスボン地震について、番組を観るまでほとんど知りませんでした。当時、教会は「地震は神が与えた罰」と教えていたそうですが、ポルトガルの宰相ポンバルは、緊急対策(食料の手当、遺体を海に流す伝染病対策、略奪者を公開処刑して治安対策)に続いて、元の町から移動することなく、世界初の耐震都市をつくります。さらにヨーロッパの思想に大きな影響をあたえ、地震を科学的手法でアプローチする地震学が誕生した・・・。わが国もポンバルにみなうべき点がたくさんありそうです。
ポンバルがリスボンの将来を考慮し、もっとも困難な「町を移動させずに、碁盤目状の区画整理を行う」道を選んだことは賢明でした。地震に強い建築を研究するため、人工の揺れを起こして三角形を多用した耐震建築を開発するという実証的なアプローチにも感心しました。
「マッサン」に出てくる太陽ワインのモデルは、サントリーの「赤玉ポートワイン」です。昨年の暮れ、大阪・中之島でイルミネーションを鑑賞しながら「ホット 赤玉ポートワイン」を飲みました。このとき、昔の名称<赤玉ポートワイン>が、現在<赤玉スイートワイン>に変わっていることを知りました。調べるとポルトガル政府から「ポートワイン」という名前にクレームがきて、商標権の問題を抱えていたため、1973年(昭和48年)に赤玉スイートワインに改めたそうです。
ポンバルが1756年にワイン会社をつくり、「ポートワイン」(普通のワインと違って、ブドウの果汁が発酵する途中でブランデーを入れて発酵をストップさせ、甘くコクのあるワインにしたもの)の品質向上に取り組み、世界的に有名なワインに育てたことを、きょうの「ヒストリア」で知りました。「マッサン」と「ヒストリア」、どちらもNHK大阪の制作ですからつながりが?
海外からの「歴史秘話ヒストリア」は珍しい。昨年11月に阪神・淡路大震災の研究グループがポルトガルを訪問し、「地震でものすごいものを失ったが、それに変わる新しいものをつくりだした」リスボンについて勉強していたのですね。知りませんでした。

|

« きょうのマッサン 第15週 5回目 | Main | ニューステラス関西 01/15 »