« 高額医療費制度、今年から変わりました | Main | きょうのマッサン  第15週  2回目   2015.01.13 »

01/12/2015

俵万智さんの息子の発言が話題らしい

俵万智さんがツイッターに書いている息子さんの言葉が話題になっているらしいですね。そこでいくつかのぞいてみると、なるほど独特の感性が感じられておもしろい。

「先生ってさあ」と息子。「よく、前を見なさい!って言うよね」。まあ、あんたがよそ見ばっかりしてるからじゃない?「でもさあ、オレにとっては、見ているほうが前なんだよね」…ん? ■ 息子「オレが子どもだったころ…」と何かを言いかけて「まあ、今でもじゅうぶん子どもなんだが…」と恥ずかしそうにフェイドアウト。子ども だったころ、なんだったのかな? ■ 息子が、世話になっている遠縁のおじさんに「コインのような人ですね。おもてとウラが全然ちがう」と爆弾発言し、場が凍りつく。が、よくよく聞いてみると「優しいときは優しく、厳しいときは厳しい」と言いたかったらしい。日本語って、むずかしい。そしてドキドキする。■ 息子が小遣い制にしてほしいと言う。「じゃあ小学三年生だから、300円ね」息子、涙目で訴える。「おかあさ ん!そんな決め方、そんな決め方…古い!」古い?■息子が、あまりに偉そうな口をきくので「ナニ様のつも り?」とたしなめたら「…お子様」との返し。あのねえ。■ときどき出る息子の不思議な質問。今朝は「太平洋に地主っているの?」だった。「ん?地主は地面持ってる人のことだよ」「じゃあ、かいぬしは、いるの?」 ■ 昨日の母の日、息子から「感謝状」をもらった。「学校にいくお金をだしてくれてありがとう」と書いてある。まだ義務教育なんだけど、たぶん「偉人伝 野口英世」の影響。 ■ 今朝の息子との会話。「お母さんは、目立ちたがりや?」「ん~初めて本を出したときに一生ぶん目立ったから、もういいや」「でも、たまに新聞とかに載って、いい気になることはあるでしょ?」なんだろう、この微妙に鋭いものの言い方!

|

« 高額医療費制度、今年から変わりました | Main | きょうのマッサン  第15週  2回目   2015.01.13 »