« ピアスをしたピケティの翻訳者 | Main | 2100年の筈だったサグラダファミリア、11年後には完成へ »

02/09/2015

きょうのマッサン 第19週 1回目

「マッサン」の撮影は、あと3週間を残すのみ。戦争が始まり、敵国人エリーにとって辛い時代が続きます。そして敗戦・・・。クランクアップまで皆さん、 こうしたシーンに 元気で取り組んでいるそうです。
シャーロットさんの髪の色について、ネットで騒がれたことがあります。「来日直後黒だったのに、ドラマで金髪なのは外人=金髪という安易な考えではないか?」という批判。制作統括の櫻井賢CPによれば、「来日直前の役が黒髪だったので、最初は黒かった。彼女の少女時代の写真を見ても、もともと金髪。ちなみに物語のモデル・リタさんは、赤毛に近かった」。
昨年末公開された「マッサン メイキング 北海道余市編」で予告された謎の男が、本日、ついに正体を現します。

1940年(昭和15)、マッサンが北海道に来て8年、エマも15歳になりました。中国との戦争が続いています。原酒 は6年の熟成期間を経て、美しい琥珀色に変貌しました。ブレンドを繰り返すマッサン。「出来た・・・」、スコットランドから帰国して20年、ついにマッサンのめざしたウイスキーが完成したのです。エリーの長年の夢でもあったマッサンのウイスキー。俊兄「お坊っちゃまのこだわりの味じゃ。程よう利いたスモーキーフレーバーがなんともいえんのう」、ハナ「マッサンみたいなたくましい感じがする」、エリー「おいしい」。マッサンには心配なことが・・・「本場にも負けん本物の味じゃ。でも売れるんじゃろうか」。鴨居商店の丸瓶より、クセもスモーキーフレーバーも強いウイスキー、もし売れなければ社員が路頭に迷います。
エマはハナに相談し、マッサンのウイスキーをおいしいと言ってくれる人を一人でも見つけることにします。床屋でみんなに味見をしてもらっているとき、「私にも飲ませて下さい。ウイスキーには目がないんですよ。お嬢さん、私にも一杯」。謎の老人はいったい何者なのでしょう?

|

« ピアスをしたピケティの翻訳者 | Main | 2100年の筈だったサグラダファミリア、11年後には完成へ »