« 桂文枝の落語新世紀 公開録画 | Main | 大阪市大 〈大阪落語への招待〉 講義内容一覧 (復習)2 »

02/10/2015

きょうのマッサン 第19週 2回目

朝ドラのうち女性プロデューサーの作品「 ごちそうさん」「梅ちゃんせんせい」「おひさま」等は みんな高視聴率を稼いでいるそうです。今回のプロデューサー櫻井さんは、朝ドラ「芋たこなんきん」、朝ドラ「だんだん」、大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」、 尾上真千子さんの土曜ドラマ「夫婦善哉」などを手掛けたベテラン男性CP。先ほどネットで知ったのですが、堺の三国丘高校ー阪大ー阪大大学院からNHKという経歴。以前、三国丘高校のそばに住んでいたので急に親しみを感じてきました。「主婦感覚のない男性が作ったから、エリーの炊くご飯の量が多すぎたのではないか」という批判に対し、「少し多すぎたかもしれませんが、当時は朝に1日分まとめて炊いていたし、マッサンの食べる量も多かったということで」と釈明?

謎の男(北大路欣也)は、マッサンの造ったウイスキーが飲みたいと、はるばる東京からやって来た作家・上杉龍之介でした。上杉 は「うまい」と絶賛。「ジャパニーズウイスキーの歴史を作って下さい。諦めてはいけませんよ」。マッサンに勇気がわいてきます。上杉が新聞に「本場スコッチウイスキーに負けないウイスキーが、日本に出来た」と紹介してくれます。出資者の渡と野々村に、黙ってウイスキー造りをしてきたことを打ち明ける決心をするマッサン。そこに、突然、やって来た渡と野々村。「じつは・・・」「アホんだら! ごめんですむんなら警察はいらんわい」、「自信があります。わしの造ったウイスキーを飲んでつかあさい。これからはリンゴをやめてウイスキー一本でいきたい」。

|

« 桂文枝の落語新世紀 公開録画 | Main | 大阪市大 〈大阪落語への招待〉 講義内容一覧 (復習)2 »