« きょうのマッサン  第20週  4回目 | Main | シャーロットさん、ブロードウエイで主役に »

02/20/2015

きょうのマッサン 第20週 5回目

昨日2/19で「マッサン」のスタジオ(NHK大阪放送局)収録が終わりました。各メディアが、シャーロットさんの大泣きの顔や玉山さんと抱き合っている写真・動画を取り上げています。余市での残りのロケを終えればクランクアップ。長い間、お疲れ様。

「マッサンの素顔に迫る」の続きです。戦争が始まり、敵国人となったリタに辛い日々がやって来ます。そんなマッサン一家に、竹原の姉の次男・威(たけし)が養子としてやって来ます。マッサンの後継ぎです。威氏はつい先日亡くなったとの報道がありました。番組では威の結婚式の映像が流れました。幸せそうなマッサン一家。やがて孫・孝太郎が生まれます。ご本人の話によれば、「5歳のころ、リタおばあちゃんと、このピアノの前でいっしょに踊って いました。昭和36年、おばあちゃんが亡くなった時、おじいちゃんは大泣きしました。〈スコットランドで結婚していれば、もっと幸せで長生きしたかもしれない〉と」。正孝が大好きだった歌は、異邦人がテーマの「雪が降る町へ」。マッサンとリタは、いま余市の丘に静かに眠っています。

特高警察がマッサン宅に踏み込みます。 エリーにスパイ容疑がかかったのです。 マッサン「エリーはわしの妻です。この国で生きとります。夫婦は生涯この国で生きていきます。死ぬときは、わしとエリーはいっしょです。エリーを連れていくなら、わしも連行してください」。エリー「私を連行してください。何も悪いことはしていません。怖いと思いません。何が望みですか? ここにいてはいけないのですか? 私にわかるように教えてください。日本人でないからですか? 肌、髪の毛、瞳ですか? 私は亀山エリーです。愛する夫、家族がいます。ここは私のふるさとです」。
エリーが連れていかれます。

|

« きょうのマッサン  第20週  4回目 | Main | シャーロットさん、ブロードウエイで主役に »