« きょうのマッサン 第22週 4回目 | Main | 横溝正史  の「面影双紙」 »

02/27/2015

きょうのマッサン  第22週  5回目

2/26のNHK総合「スタジオパークからこんにちは」に、熊さんの風間杜夫さんが出演していました。熊さんは実在していたわけでなく、まったくのフィクション。来週は一馬に赤紙が来て・・・といった予告も。風間さんは年間30回以上、落語の公演もされています。気に入った落語のCDを聴きながら、文章に起こして覚えるというユニークな修行法。師匠はいないそうです。いまや本職並み腕前。
                                                                                                                                                                                                                               
エマが一馬といっしょに工場で働いています。エリーがやって来て、「うちの中の仕事を手伝って。恋愛は自立してからでも遅くない。エマはまだ大人になっていない。お母さんの言うことが聞けないの?」。マッサン「エリーじゃて初恋の経験はあるじゃろ。エマはもう17じゃ。恋をしてもおかしゅうない。相手は気心のしれた一馬じゃ」。エマが一馬に聞きます。「ひとつだけ教えて、一馬さんの気持ちを。わたしのことどう思ってるの?  何で何も言ってくれないの、意気地無し!」。マッサンと大恋愛をして日本にやって来たエリーが、なぜエマと一馬の恋に猛反対するのか、みんな理解できません。エリーがエマの日記を読んでいるところに、エマが入ってきます。「何してるの!  お母さんの話なんか聞きたくない!」。エリーがエマに語り始めます。「なぜエマと一馬の恋愛に反対しているか。一馬は戦争に行かなきゃいけないかもしれない。エマにお母さんと同じ思いをさせたくないから。お父さんも知らない話・・・」

|

« きょうのマッサン 第22週 4回目 | Main | 横溝正史  の「面影双紙」 »