« 2100年の筈だったサグラダファミリア、11年後には完成へ | Main | 桂文枝の落語新世紀 公開録画 »

02/09/2015

デコポン

果物屋店頭に1個30円のMサイズのミカンが山盛り。店の人に「これおいしい?」と聞くと、「まずいよ。もう季節じゃないもの。これからどんどんまずくなる。ミカンが好きでたまらない人にはいいけど、いまはあっちの清見やデコポンだねえ」。じつに正直なお兄さんです。先週買った1個30円のミカンはわりあいおいしかったので5個だけ買って、デコポンのコーナーへ移動。見ると、プールでよく会うおばあちゃんが大きなデコポンを次々かごに入れています。「よそでこのサイズなら1個250円はするよ」、1個100円ですから確かに安い。試食品を口にすると、 甘くておいしい。私も2個かごに入れてレジへ。
それにしてもデコポンって、なんでこんな不細工な格好をしているのでしょう?  形と味とは関係ないそうですが・・・。不細工な格好を逆手にとっての命名(登録商標)とは考えたものです。    

http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/dekopon.htm

|

« 2100年の筈だったサグラダファミリア、11年後には完成へ | Main | 桂文枝の落語新世紀 公開録画 »