« とっておきサンデー | Main | ニューステラス関西 3/2 »

03/02/2015

きょうのマッサン  第22週  1回目

マッサンの脚本は、櫻井CPと脚本家羽原大介さんが相談しながら書いているだけではありません。出演者の意見も大いに取り入れています。玉山さんの「マッサンの国産ウイスキー造りを応援する人が欲しい」という声が、北大路欣也さんのウイスキー好き作家の登場に繋がりましたし、先週のエリーがエマと一馬の恋愛に反対する姿はシャーロットの意見を取り入れたものです。このいきさつを、櫻井さんが2/27付産経新聞にくわしく書いています。当初、櫻井さんと羽原さんは、エリーは「 恋愛に理解がある母親」にするつもりだったそうです。しかし、シャーロットさんから「エリーは母として絶対反対すると思う」という意見が出ました。「自分も若いころ母親に日記を読まれたことがあったし、エリーの中ではかわいいエマは成長しても、まだまだ子供だと思いたい。母と娘は、そういう時に激しいバトルになるものだ」と。こうして「子離れできない母と娘の確執」の物語が生まれました。
櫻井さんはこう結んでいます。「役を生きるシャーロットさんの思いや魂が、戦争という不条理の中でさらに輝きを放ち、親子、夫婦愛がたっぷり詰まった物語が誕生したのです」。                                            
                                                                                    
                                                                                                                                                                                                 熊さん「よかったな、これでお国のため働けるど」。エマは「大丈夫。こういう日が来ることはわかっていたから」と言いながらも、部屋に引きこもってしまいます。熊さんは壮行会だけでなく、宴会を提案し、映写機を出して準備を進めています。マッサンは出征前の一馬に、ブレンドの基本を教え始めます。ハナはエリーに気づかれないように、戦勝祈願の千人針を従業員に依頼します。一馬の出征にむけ、みんなそれぞれの思いをいだきながらあわただしく過ごしています。一馬の出征はもうすぐ。

|

« とっておきサンデー | Main | ニューステラス関西 3/2 »