« 小倉山荘の 桜もみぢ | Main | エキマルシェ新大阪にチキンラーメン専門店 »

03/05/2015

きょうのマッサン  第22週   4回目

「マッサン」の撮影はじつに過酷なものだった、と伝えるのは 3/4付産経WEB。特に夏場は大変だったようです。あまり公開されることのなかった朝ドラ制作現場の現実です。

http://www.sankei.com/west/nkews/150304/wst1503040003-n1.html         
                                                                                                                                                                                                 一馬が俊夫にこれまでのお礼を述べます。俊夫「これだきゃ約束する。お前が帰ってくるまで、この工場は守る。マッサンもエリーさんも、あんたを跡取りにと思うていなさる。死んでも生きて帰って来い! 」。外で星空を見上げている熊さんに、エリーが話しかけます。「熊さんどうしてる?」、「星が綺麗だな」、バリカンを見せて「こいつで一馬の頭丸めてやるんだ。もっと勉強させてやりゃよかったなあ。戦争はとにかく勝つことだ。命なんか問題じゃない。だれかが死ぬ気で行ってこいと言わなければ、あいつが迷うべ」。「その気持ちをちゃんと伝えてあげたら?」。エリーがエマに言います。「大切なのは、一馬の無事を祈って(千人針を)縫ってあげること。エマの気持ちも一馬の気持ちもわかる。エマが好きでも(いまの一馬には)言えない。辛いのはエマだけじゃない。熊さんもハナちゃんもみんな我慢している。大人になって!」。泣き崩れるエマ。熊さんがひとり静かに一馬の子供の頃の映画を見ています。そして、いよいよ一馬出征の日の朝。エマの千人針が完成します。木刀を降り下ろす熊さん。「エイッ!  エイッ!  エイッ!」

|

« 小倉山荘の 桜もみぢ | Main | エキマルシェ新大阪にチキンラーメン専門店 »