« 春の4K | Main | 新聞の部数がどんどん減っている »

03/07/2015

きょうのマッサン  第22週  6回目

「マッサン」のスピンオフが決定しました。朝ドラスピンオフ史上初の前後編2部作。前編の主役は、マッサンの妹すみれ(早見あかりさん)、後編の主役は住吉酒造事務員 安藤好子(江口のりこさん)。早見さんは想定内ですが、江口さんはちょっと意外。ユニークなキャラではありましたが・・・。ハナさんたちを巻き込んだストーリーになるようです。前編は 4/25、後編は 5/2 に放送されます。それぞれ1時間ドラマです。                                     
   
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00000072-dal-ent           
                                                                 
                                                                                                                                                                                                                                
囲炉裏でひとり物思いにふける熊さん、一馬が遺書を手渡します。「31年間もありがとう。お世話になりました。出征が決まって、お父さんがニシン漁をされていたころのことが思い出されます。毎日がお祭りのようでした。心の内では、いつも大きな声で指図していたお父さんを尊敬していました。お姉さんも酒癖の悪い漁師たちを怒鳴り付けていました。お父さんにいつも逆らって深く恥じております。生意気なことばかり言って申し訳ありませんでした。最後に、あなたの息子に生まれて本当に良かった。生きて帰ったら私の知らないお父さんとお母さんのことを教えてください。いつか会津の地に連れていってください。皇国の必勝を信じつつ」。熊さんの目に涙があふれます。翌   朝、熊さんが一馬の頭を刈ります。「会津に行こう。生きて帰ってこい。逃げ回っても、隠れてもいい。臆病者、卑怯ものと呼ばれてもいいから、生きて帰ってこい」。ハナの目に涙がいっぱい。物陰から見ていた俊兄が、堪えきれず嗚咽を漏らします。出発です。エリー「一馬、元気でね」、マッサン「この種は預かっとくけん」、エマが「オールド ラング ザイン」の日本語歌詞の入ったお守り袋を渡して「待ってる」、一馬「帰って来たら言いたいことがある」。最後に、熊さんが一馬をしっかり抱きしめます。「よし、行け」。

|

« 春の4K | Main | 新聞の部数がどんどん減っている »