« 僧侶の発言 | Main | 田辺聖子さんの  〈コンニャク八兵衛〉 »

03/11/2015

きょうのマッサン 第23週 3回目

今週のテーマは「待てば海路の日和かな」。日本は戦争に負けますが、傷ついたエリーにとっての戦争はまだ終わっていません。辛いことがあっても、辛抱強く待っていればいつか好機がやってくる。エリーにとって、心休まる日はいつになるのでしょうか。

一馬のお骨が帰って来ます。しかし骨壺の中に入っていたのは紙切れ1枚だけ。「もう泣くな。泣いたって一馬は帰って来ねえ」、「みんなでお帰りの会を開いてあげましょう」、「 一馬といっしょに仕込んだウイスキーで献杯 じゃ」。ハナとエマが一馬の好きだったじゃがいも餅を作ります。「今夜で一区切り、あすから一馬の分まで笑って力強く生きてやるっぺ」、「こりゃ一馬が残した麦の種じゃ。これを育てて、ウイスキーを仕込もうと思っと る」、「一馬お帰り! 献杯!」。テーマソング「麦の唄」のピアノの調べが、静かに、静かに流れています。
ラジオが広島に新型爆弾が投下されたことを報じます。竹原への電話はつながりません。長崎にも新型爆弾が・・・そして日本は戦争に負けます。天皇陛下の玉音放送を聴いて泣く人々。マッサン「戦争はもう終わったんじゃ。エリーはもう自由じゃ。どこに行ってもええ、大声で英語でしゃべっても、歌うてもええんじゃ」。エリーが倒れます。エマ「これからどうなるの? どうしてもっと早く戦争やめられなかったの? そうすれば一馬さんは死なずにすんだ。お母さんもこんなに苦しまずにすんだ」。

|

« 僧侶の発言 | Main | 田辺聖子さんの  〈コンニャク八兵衛〉 »