« 新大阪駅限定 揚げたてプレチェッル Pritta (プリッタ) | Main | きょうは春分の日、四天王寺では日想観 »

03/21/2015

きょうのマッサン  第24週  6回目

いよいよ来週で完結です。長かったような短かったような半年間でした。きょうは「わたしたち国際結婚です!」の前に、最終週の予告が入りました。国際結婚の方は、キャサリンでした。政春さん、シャーロットちゃん、羽菜ちゃん、早苗さん、一馬さん、キャサリンさん、応募写真のなかからドラマに登場する人物がこんなに揃ったとは。来週のテーマはなんでしょう。

ついに香料も着色料も使わず、安くてうまい3級ウイスキーが完成します。社運をかけた試飲会が始まります。「いい香りだ」、「本当に3級ですか? 原酒5%で?」、「香料は?」、「喉越しがいい」。そこに大阪の百貨店社長・澤田がやって来ます。「お得意のスモーキーフレーバーが効いとるがな。希釈アルコールには何を?」、「大麦で造った醸造アルコールが一番ええことがわかりました」。「あんた変わったなあ。まえは独り善がりやなあ、と思った。これは違う。この酒は伝える酒や。お客さんの顔を見て伝えたい気持ちを込めている。うまいわ。いまの日本にこれだけうまい3級ウイスキーはない。うちの百貨店で扱わせてくれんか。あんた、新しい時代をつくってしもうたな」。
政志と千加子が広島に帰る準備をしています。悟「ここに残ってもええか。ウイスキー造りを本格的に学びたいんじゃ」。千加子は「お父ちゃんの蔵はどうなる?」と反対しますが、政志は「せっかく生きて帰ってきたんじゃ。悟のやりたいことをやらせてやれ。広島のことなんかどうでもええ」。そしてマッサンに「うれしかったわい。おまえが造ったウイスキーを飲んでみんな笑うとった。ええ仕事をしたのう」。

|

« 新大阪駅限定 揚げたてプレチェッル Pritta (プリッタ) | Main | きょうは春分の日、四天王寺では日想観 »