« 大阪都構想 藤井京大教授へのこんな反論 | Main | いまでも日本に入浜式塩田がある! »

03/31/2015

バナナ保存法

ここ10年間、リンゴよりもミカンよりも食べられているのがバナナ。その保存法をけさの「あさイチ」が取り上げていました。
新聞紙で包んで、発泡スチロールの箱に入れ、蓋をする。こうすれば18~23℃の最適温度に保たれ、酸素が空気中の20%より低い5~10%になり、6日前後持ちます。
バナナは呼吸するにつれ、老化し黒ずんできます。酸素が低くなると、呼吸が減り、冬眠状態になるため、長持ちします。
ただし、窒息状態にならないように、1日1度は蓋を開けて、酸素をリセットします。
中の新聞紙が湿るとカビのもとですから取り替えます。
以上の保存法は、寒暖差のある10月から4月まで。夏は、皮の上からラップに包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。冷蔵室やチルド室はダメ。

皮の黒くなったバナナは糖が高くなっています。牛乳を加えてミキサーにかければ、砂糖なしで美味しくて美容にいいジュースが出来上がります。

|

« 大阪都構想 藤井京大教授へのこんな反論 | Main | いまでも日本に入浜式塩田がある! »