« 「マッサン」 のスピンオフ | Main | なんだ、きょうの GOOGLE ロゴは? »

04/20/2015

人生は一つしか選択できない

幻冬舎文庫「風に立つライオン」(さだ まさし作)の解説に、神舘和典氏が書いています。
「人生は一つしか選択できない。人はいくつもの物語を生きることはできない。大切な何かを選べば、もう一つの大切な何かを手放さなければならない」。
主人公・航一郎にとって、恋人と別れてアフリカのケニアの僻地医療に生きるかどうか、人生の選択だったんですね。
さだ まさしファンにとって、たまらないテーマでしょう。感動の涙とともにページをめくっています。

|

« 「マッサン」 のスピンオフ | Main | なんだ、きょうの GOOGLE ロゴは? »