« 昨日は阪急うめだ13階のイタリアンレストランで5時間も | Main | 高所平気症 »

05/20/2015

今回の住民投票に勝者はいない

田原さんの発言の中でまったくその通りと思うのは、「今回の住民投票に勝者はいない。大阪都構想に反対という自民党や民主党や共産党は「対案」をもっていないからだ。橋下さんは大阪を良くするために、大阪都構想を提案したが、反対派がそれに代わる対案をもっているかといえば、なにもない。ただ、「反対」と言っただけだ」。
自民党、民主党、共産党は、今後、責任を持って対案を出し、大阪再生を実現しなければなりません。市民から厳しい監視が続きます。「勝った、勝った」とうかれている場合じゃない。自民党が民主党や共産党と一緒に何ができるのかも見物。自民党支持者の4割以上が都構想に賛成しています。東京の自民党は支持しても、大阪の自民党は支持しない人が半分近く存在することを意味します。自民にとって危機です。


「住民投票は勝者なき戦い」~田原総一朗インタビュー(田原総一朗)
橋下徹大阪市長が掲げる「大阪都構想」の是非を問う住民投票は大接戦の末、「反対」がわずかに「賛成」を上回る結果となった。橋下市長は敗北を認め、政界引退を表明した。全国的にも大きな注目を集めた大阪市の住民投票を、田原総一朗さんはどう見たのか、話を聞いた。【大谷広太
blogos.com
http://blogos.com/article/112394/

|

« 昨日は阪急うめだ13階のイタリアンレストランで5時間も | Main | 高所平気症 »