« 一夜限りの キャバレー 復活 | Main | パンケーキ »

05/26/2015

そうめんにびっくり水はダメ

けさの「あさイチ」から。そうめんの季節です。そうめんは細いため、表面積が大きく、デンプンが多量に出て泡を包みこみ、ふきこぼれが起きやすい。そこで水を加えたり、火力を押さえることになります。
ただし、水を加えると一挙に温度が10度も下がって90度以下になり、歯応えのないそうめんになってしまいますのでやめましょう、と言っていました。
またゆであがったそうめんの表面に付着している油(そうめんを延ばすとき切れないように油をつけている)を水でよく洗い流すと、さっぱりした食感に。

出来上がったそうめんは、時間がたつとくっついてしまいます。くっつかない(麺が延びない)そうめん弁当をつくるには、水切りがポイント。ざるの中央に穴を開けてドーナツ状にして 1~2分、水を落ちやすくします。さらにフォークで小巻にして弁当箱に入れればお昼まで持つそうです。

|

« 一夜限りの キャバレー 復活 | Main | パンケーキ »