« この法案にアジアと世界の平和がかかっている | Main | 国税、予想より 2兆円上ぶれ »

06/10/2015

有川浩さんの「レインツリーの国」

きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。僕(伸)は、たちまち共通の趣味を持つ ひとみさんに惹かれ、彼女に会いたいと熱望します。しかし、なぜかかたくなに拒絶するひとみさん。彼女にはそうせざるを得ない理由があったのです。
この小説は「図書館戦争」シリーズの一部として書かれたようです。

(以下、ネタバレになりますので注意)。
この種の小説は、言葉狩りのような自主規制により(特にテレビ)日の目を見ないことが多いそうです。私はこの小説を読んで、初めて聴覚障害者の症状や悩み、苦労を知りました。過剰な自主規制が身障者への理解活動を阻み、逆に差別を助長することに繋がっているのではないでしょうか。

|

« この法案にアジアと世界の平和がかかっている | Main | 国税、予想より 2兆円上ぶれ »